問合せ対応の運用効率を追求したチャットボットサービス「neoスマボ」

問合せ対応の運用効率を追求したチャットボットサービス

そのチャットボット、
自動応答だけですか?

Value01 FAQを登録するだけで最初から高い応答制度
Value02 求められる知識(FAQ)を見える化
Value03 ユーザーの「声」を聴き、知識(FAQ)を生成
年末調整の
期限は?
ログインパスワードを
忘れた
出張費の
申請方法は?
育児休暇は何日とれる? 秘密保持契約書は
どこ?

運用サイクルと効果

STEP.0導入前

社員の疑問解消の為に問い合わせ対応や研修など、コスト時間がとられる。

STEP.1導入

neoスマボを導入。疑問解決スムーズになり社内の業務が徐々に円滑になる

STEP.2分析

BOTが社内の疑問見える化効率よく分析できるためさらに業務が改善

STEP.3自主学習

社員にも疑問を質問して知識を収集し、自らも成長する

STEP.4成長し続ける
neoスマボ

社内業務のエキスパートに成長。業務効率が大幅アップ!

FAQ数成長中...お任せください!
  • 社内の疑問が
    見える化される
    管理画面
  • 弊社独自の
    WebチャットUI

操作しやすいシンプルなUIでスムーズに導入できます。
また、視覚的な管理画面でFAQの管理だけでなく
問合せからわかる情報が見える化され、業務改善に活用できます。

他のチャットボットとの違い

一般的なチャットボットはここだけ

質問に答える
+

neoスマボなら
ここまでサポート!

必要な知識を見える化
知識(QA)を集積
  neoスマボ 一般的なチャットボット
応答精度 ○(FAQ登録だけで高精度) △(学習・チューニングが必要)
見える化 ×
知識(QA)集積 ×

実績

  • Hitachi Hight-Tech Corporation
  • abbvie
  • TEIJIN
  • MARELLI
  • NTTデータマネジメントサービス株式会社
  • SAXA サクサグループ
  • NTTLS
  • ロフトワーク
  • いちよし証券
  • 株式会社稲葉製作所
  • 丸紅情報システムズ
  • FUJI Wifi
  • T-PEC
  • Telecom Square
  • 株式会社ジェネシスホールディングス
  • 簡単予約管理お席トットくん
  • 島村楽器
  • 日新火災

導入事例

丸紅情報システムズ株式会社

情報システム関連の問合せ対応に活用。既存のテレワークプラットフォームからもアクセスできるように実装

質問者
社員
管理者
情報システム部
  • 社内利用

ティーペック株式会社

団体向けにチャットボットでの健康相談サービスを提供

質問者
社外団体向け
管理者
商品開発部門
  • カスタマーサポート

株式会社テレコムスクエア

各種サービスに特化したカスタマー向け専用チャットボットを複数展開し、お客様側の利便性の向上とオペレーターの負荷を軽減

質問者
カスタマー・ユーザー
管理者
オペレーター
  • カスタマーサポート

株式会社稲葉製作所

営業社員が現場で製品情報・知識を照会し顧客や販社に即答する営業サポートBOTを展開

質問者
営業担当
管理者
営業推進室
  • 社内利用

帝人株式会社

人事・総務関連の質問に回答できるBOTを展開し既存のイントラへ誘導。情報資産を有効活用

質問者
社員
管理者
サポート部門
  • 社内利用

abbvie合同会社

管理部門への問合せ対応・会社の制度やルール・製薬業界ならではの用語や略語の参照ができるBOTを展開

質問者
社員
管理者
サポート部門
  • 社内利用

料金メニュー

気軽にはじめられる!

月額費用150,000

追加チャットボット、2つ目からは50,000

※同一企業様に限ります

基本ライセンス(起動10,000回/月まで ※超過する場合は個別お見積り)

  • BOTコア
  • 管理画面
  • WebChat

必要なもの全部入り!

初期費用500,000

追加チャットボット、2つ目からは250,000

※同一企業様に限ります

  • プロジェクト計画策定
  • 初回トレーニング・説明会(1回)
  • チャットボット環境設定(WebChat設定含む)
  • セキュリティチェックシート対応
  • 初回FAQ設定代行(FAQ2,000件まで)
  • リリース後1ヶ月の電話サポート

導入実績が多いからこそ”困った時に手が届く”充実のオプション

チャットボットの回答には機密情報が含まれるので、社外からの不正ログイン対策や質問者の管理がしたい!

認証機能

Office365やG Suiteなど、ご利用中のアカウントでチャットボットにログインできます。
ID連携プロトコルは、OpenID Connect、SAMLに対応。
※サポートしているIdPについてはお問合せください

100,000円〜/初期設定費用

20,000円〜/月額

問い合わせは多いんだけどFAQとして分類したり構成するのは面倒…その辺りもサポートできます?

初期FAQ作成代行

チャットボットを導入してみたいけどFAQが整備されていない場合でも作成代行を承ります。

500,000円〜

社内研修や引継ぎが面倒なので、1ヶ月目以降も電話でのサポートを継続してもらえませんか?

電話サポート費用

リリース後、2ヶ月目以降も電話サポートを継続できます。

50,000円/月額

チャットでの対応で効率化した上で、有人対応も受け付けてユーザーの満足度を高めていきたい!

有人対応機能

オペレーターによるチャットに切替機能を利用できます。導入企業様単位でのご契約になります。

100,000円/月額

▲ページ一番上の戻る

新型コロナウイルス感染症に関する
Q&A ChatBOTも提供中!
ぜひご活用ください。

新型コロナQ&Aneoスマボお問合せ