neoスマボ

特長

誰でも、カンタンに高精度な
問い合わせ対応を実現

誰でもカンタン運用SIMPLE

学習型のAI(人工知能)搭載チャットボットに比べて、neoスマボはFAQを作成しアップロードするだけでチャットボットが構築できます。学習データの準備や学習させるためのロジックをチャットボットの管理者が構築する作業は一切不要。現在運用中のFAQがあれば、すぐに始めることができます。
運用後のメンテナンスも追加でFAQを登録するだけで良いので、導入から運用までの手間がかかりません。

高い応答精度QUALITY

チャットボットの応答精度はユーザーの入力文を解析し、回答へ導くための判定条件の拡張量に比例します。 neoスマボは事前に学習するのではなく、登録したFAQから様々な判定条件を自動生成する独自エンジン「QASE」により、ユーザーの入力文を解析し柔軟に回答へ導くための判定条件を大量に自動生成します。
FAQを登録すればするだけ賢くなり、ユーザーの入力文に対して柔軟に回答することができます。

解決への到達率向上ASSIST

ただ単純に賢いだけでは、ユーザーの”わからない”を解決できません。
ユーザーの中には何がわからないのか?何を知りたいのか?もわからずチャットボットに聞いてくるケースも多々あるでしょう。neoスマボは全てのユーザーが”わからない”を解決するために、解決まで導くナビゲーションにも注力します。質問するキーワードの提案や選択肢による疑問の絞り込み、画像を利用した理解力促進など豊富な機能がユーザーの導線を改善します。

主な機能FUNCTION

  • 簡単検索
    サジェスト機能
    発言者が文字入力中に質問文の候補を表示します。
    質問文を最後まで入力して送信しないと結果がわからない、他にどんな質問に対応できるのかわからないといったユーザーの不安を解消します。
  • イメージで解決
    画像付き回答
    テキストのみでは内容がユーザーに伝わらず、解決しなかった場合は直接問合せに繋がってしまうが、画像を使ってチャットボットに回答させることで文字だと表現が難しい回答にも対応でき、ユーザーは自己解決できます。
  • 詳細は担当者で
    有人対応
    チャットボットとの会話をそのまま引き継いでオペレーターとのチャットができます。
    チャットボットで解決しない場合、オペレータを占有する電話や話し言葉で書きにくいメールではなく、オペレータの負担が少ないチャットで解決することができます。
  • 最新の情報を浸透
    ランダム雑談
    チャットボット の初回発話をランダムに表示させることができます。
    問合せの際にチャットボットを利用するたびに、新しい情報にタッチさせることができ、社内情報のアナウンスに活用させることができます。
▲ページ一番上の戻る